作 品 評 論 集

「壊れかけた太陽」 和紙・アクリル・墨 162×390㎝ 2015年 作品番号1-32

創作活動を継続していく上で、その作品が鑑賞者にどのように受け止められているのかは気になるところです。
そんな中で、美術評論を専門にしておられる先生方や、同じ創作活動をされておられる作家の方々に評論をいただけることは、大変ありがたいことです。
その評論文にこめられた、描き手への熱いまなざしを感じる時、その刺激は創作活動の大きな原動力になります。
このページでは、私の作品に寄せてくださった評論文を紹介させてもらいます。


 INDEX

それぞれの表題をクリックすると評論文を閲覧できます

● 田中正巳のクリスタリゼーション     故  建 畠 覚造 (彫刻家)

● 宇宙の象徴と自然のリズムの吸引力    赤 津  侃 (美術評論家)(元 朝日新聞記者)

● 明晰なテーマ、ダイナミックな構成    中 野  中 (美術評論家)

● 現代の危機意識のイメージ化       佃  堅輔 (美術評論家)

● 田中正巳の「壊れかけた太陽」      中 野  中 (美術評論家)